鷺宮製作所の自動制御機器と試験装置、その技術力は幅広い分野で活躍しています。

トップページ 会社概要 自動制御機器 試験装置 販売網 採用情報 社会人野球

社会人野球

トピックス
試合スケジュール
選手紹介
試合結果
都市対抗野球大会
2009
2008
2007
過去出場大会
日本選手権大会
前回
前々回
過去出場大会
応援団
お便りコーナー

鷺宮社会人野球

トピック

 
補強選手 野球選手名鑑      

補強選手の活躍

■ 村上外野手・渡辺(侑)内野手、都市対抗で補強選手として活躍!

表彰される村上外野手 7月15日から26日の日程で第87回都市対抗野球大会が開催されました。
サギノミヤからは村上純平外野手(NTT東日本)と渡辺侑也内野手(東京ガス)が補強選手として出場しました。

都市対抗に10年連続出場となる村上外野手は、初戦の四国銀行戦、続く三菱日立パワーシステムズ横浜戦では本塁打を放ち チームの勝利に貢献しました。 NTT東日本は準々決勝での敗退となりましたが、村上外野手は10年連続出場の表彰と指名打者として大会優秀選手の表彰を受けました。

渡辺内野手は、35年ぶりに都市対抗ベスト4入りを果たした東京ガスの補強選手として大会に出場しました。 二塁手として毎試合出場し、安定したプレーでチームを支えました。東京ガスは惜しくも準決勝敗退で大会を終えました。

(* 画像はクリックで拡大されます)
■ 村上外野手 インタビュー

村上外野手 Q:10年連続出場を達成していかがですか?

A:サギノミヤに入って、1年目の時から雲の上のものだと考えていました。 実際、岡崎選手がとっているのを見て、あのくらいの選手じゃないと無理なんだと感じていました。 2年目から3年連続で出場したので、自チームで10年出ることを目指してきました。
4年目から、7年も連続で補強選手として選んでもらえたことは、自分が思っている以上に、評価してくれていると思っていますが、 自分が10年連続出場を達成したことの実感は持てていません。
7年連続で補強出場でしたが、もちろんプレーシャーはありましたが、自チームよりも気持ち的には楽でしたし、やれることをやろうという気持ちで臨んできました。

Q:NTT東日本はベスト8まで進出、自分の成績を振り返っていかがですか?

A:NTT東日本への補強は4回目なので、チームの雰囲気は分かっていました。
また、NTTチームも昨年不出場だったので、試合に臨む意識はとても高く、まとまっていました。
準々決勝で優勝したトヨタに勝っていれば、決勝まで進めるだけの雰囲気はあったと思います。
10年連続出場の節目の年だったので、ホームランを打てたらいいなと考えていましたが、実際に打てるとは思っていませんでした。
ドームでのホームランは久しぶりだったので、うれしかったです。これまでの中で一番楽しくプレーできたと感じています。

Q:ドーム出場の経験をどのように活かしていきたいですか?

A:チームとして都市対抗出場にできるよう進めていきたいです。サギノミヤも他チームと同じくらいの力はあると感じています。
NTT東日本のメンバーから感じた目標の高さ、それを目指す実行力を見習って、メンバー一人一人が向上心をもって取り組んでいけたらよいと思います。
■ 渡辺(侑)内野手 インタビュー

渡辺(侑)内野手 Q:都市対抗本戦(東京ドーム)初出場はいかがでしたか?

A:予選終了後、補強の話がきましたが、良い結果を出して、東京ガスが目指していた日本一に貢献できるよう、 自分の持っているものを出していこうと考えました。
初戦は途中出場でしたが、球場全体の応援がすごく、予選とは違った雰囲気がありました。 守備でボールが一球飛んでくるまでは緊張していました。その後は、集中して臨めていたと思います。

Q:東京ガスはベスト4まで進出、自分の成績を振り返っていかがですか?

A: ベスト4まで勝ち進みましたが、先のことよりも1試合1試合、目の前のことに集中していました。 チームの雰囲気もとてもよかったです。自分としては、2回戦からの3試合は、スタメンで出場できました。 もっと貢献できたなかと思いますが、最低限のことはできたと感じていますし、自分のスタイルでやりきれました。

Q:ドーム出場の経験をどのように活かしていきたいですか?

A:今回、補強選手という形ですが、ドームに出場できたことは、大きなプラスになりました。
試合に向けて準備することの大切さや、チームの全員が、一人一人やるべきことをきちんとやることの重要さなど、 やるべきことが見えてきたように感じています。