JABA日立市長杯選抜野球大会 決勝戦 4/16(火) 12:00〜 日立市民球場

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工名古屋 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
鷺宮製作所 0 0 0 0 0 0 0 2 X 2
      
バッテリー 野口 - 長澤
【本塁打】
【三塁打】 保戸田
【二塁打】

【試合経過】

先発の野口は1回、2回と四球でランナーを背負うも併殺打に打ち取る落ち着いた立ち上がりとなります。攻撃では初回から5回まで毎回ランナーを出すものの得点に繋がらず0対0で試合を折り返します。両投手の好投で試合展開も早く進み迎えた8回裏の攻撃、2死から茶谷がヒットを放ちます、続く橋本の打球が敵失となり1・3塁となります。5番の保戸田がセンターオーバーのタイムリースリーベースを放ち2点を先制します。最終回のマウンドに立った野口は三者凡退に打ち取り114球、3安打の完封勝利となり日立市長杯の優勝と日本選手権出場を決めました。
【個人賞】最高殊勲選手賞:野口亮太 投手