東京都企業春季大会 決勝戦 3/27(水) 9:00〜 東京ガス大森グランド

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
鷺宮製作所 3 0 2 0 4 0 0 3 0 12
NTT東日本 0 0 0 5 0 0 0 3 0 8
      
バッテリー 中川、及川、西村 - 弓削田、長澤
【本塁打】 酒井(3ラン)、橋本(3ラン)
【三塁打】 酒井
【二塁打】 茶谷×2

【試合経過】

初回の攻撃、田中(新人)の四球と土谷のヒットでチャンスメイクすると茶谷の2塁打、酒井の3塁打で3点を先制。追加点は3回、土谷が死球で出塁し茶谷の2塁打で1点、大坂の犠飛で得点を重ね5対0とリードを広げる。しかし、先発の中川が4回裏につかまり一挙に5点を奪われ同点を許してしまいます。直後の攻撃、連続四死球でチャンスメイクし酒井がホーム ランを放ち3点を奪い逆転、さらに竹原の適時打でこの回4得点。8回表には橋本にもホームランが飛び出し3点を追加しリードを広げます。4回途中からリリーフの及川は試合の流れを渡さず好投。3番手の西村が8回途中から登板し打ち込まれて3失点するも逃げ切り、12対8で勝利し優勝となりました。
【個人賞】 最優秀選手賞:酒井直哉 外野手
         敢闘賞:野口亮太 投手